中長期的展望が不可欠

オフィスの人たちコピー機を購入すべきか、あるいはリースを選択すべきか、その判断に窮されたのであれば、視点を変えて「失敗経験談」に着目するのも一案です。例えば起業時に惜し気も無く先行投資し、最新の充実した高額機種を調達するも、現場ではほとんどこうした機能を使用する機会も無く、無意味な高額投資となってしまった事例は、少なくありません。対してリースで担当者の細やかなフォローこそ仰げる一方、持ち込まれる高額なトナーなど、消耗品の費用負担が積み重なり、結果経費面にメリットが期待ほど感じられなかったなど、さまざまなケースが想定されます

特に複雑かつ高度な作業が不要であれば、中古コピー機もしくはリースでベーシックな機種を確保することで、確実な費用節約効果を優先できるでしょう。対して高度な作業が欠かせない業種であれば、確実にニーズに対応可能な最新機種を購入し、減価償却する対応がマッチするでしょう。こうして「購入」の方向で社内の見解が一致すれば、次の段階で新品か中古かの2択作業へと進めて行けば確実です

コピー機を購入もしくはリース、いずれかの選択に際しては、中長期的な事業計画と近未来をシミュレーションする、必要な機能のレベルを確かめる、利用頻度と消耗品やメンテナンスに必要な費用を見落とさないなど、さまざまなチェックポイントを踏まえた検討作業が欠かせません。