二通りの選択肢

コピー機コピー機の購入に関しては、新品と中古品の2つの選択肢が存在しますが、これを「調達」「確保」の視点から見れば、購入とリースの、同じく2通りの方法が視野に入ります。各々のメリットと、何より実際に利用するシチュエーションや頻度、そしてどのような機能が必要なのかなど、多角的な視点からの検証作業が必須です。

中長期的に継続使用し、経年劣化が顕著となるまで「使い切る」スタイルを想定するのであれば、購入の選択肢が有力となるかと思われます。減価償却すれば節税対策にもなり、先行投資するメリットが確認され、購入後のメーカー保証や販売先独自のアフターケアに納得できれば、購入はニーズにマッチした調達方法だと判断できます。

一方リースであれば、月々のリース料金での利用が可能であり、最初にまとまった先行投資の必要はありません。リース業者独自の顧客フォローに納得できれば、こちらの方法がマッチする業者も少なくありません。またリース契約更新時に、その時点でベストマッチな機種への変更も可能となります。最終的な決定に際しては、単に費用面や機種の搭載機能など、特定の部分だけに意識を奪われないよう、中長期的なシミュレーションに基づいた比較検討作業が大切です。