中長期的展望が不可欠

オフィスの人たちコピー機を購入すべきか、あるいはリースを選択すべきか、その判断に窮されたのであれば、視点を変えて「失敗経験談」に着目するのも一案です。例えば起業時に惜し気も無く先行投資し、最新の充実した高額機種を調達するも、現場ではほとんどこうした機能を使用する機会も無く、無意味な高額投資となってしまった事例は、少なくありません。対してリースで担当者の細やかなフォローこそ仰げる一方、持ち込まれる高額なトナーなど、消耗品の費用負担が積み重なり、結果経費面にメリットが期待ほど感じられなかったなど、さまざまなケースが想定されます

特に複雑かつ高度な作業が不要であれば、中古コピー機もしくはリースでベーシックな機種を確保することで、確実な費用節約効果を優先できるでしょう。対して高度な作業が欠かせない業種であれば、確実にニーズに対応可能な最新機種を購入し、減価償却する対応がマッチするでしょう。こうして「購入」の方向で社内の見解が一致すれば、次の段階で新品か中古かの2択作業へと進めて行けば確実です

コピー機を購入もしくはリース、いずれかの選択に際しては、中長期的な事業計画と近未来をシミュレーションする、必要な機能のレベルを確かめる、利用頻度と消耗品やメンテナンスに必要な費用を見落とさないなど、さまざまなチェックポイントを踏まえた検討作業が欠かせません。

二通りの選択肢

コピー機コピー機の購入に関しては、新品と中古品の2つの選択肢が存在しますが、これを「調達」「確保」の視点から見れば、購入とリースの、同じく2通りの方法が視野に入ります。各々のメリットと、何より実際に利用するシチュエーションや頻度、そしてどのような機能が必要なのかなど、多角的な視点からの検証作業が必須です。

中長期的に継続使用し、経年劣化が顕著となるまで「使い切る」スタイルを想定するのであれば、購入の選択肢が有力となるかと思われます。減価償却すれば節税対策にもなり、先行投資するメリットが確認され、購入後のメーカー保証や販売先独自のアフターケアに納得できれば、購入はニーズにマッチした調達方法だと判断できます。

一方リースであれば、月々のリース料金での利用が可能であり、最初にまとまった先行投資の必要はありません。リース業者独自の顧客フォローに納得できれば、こちらの方法がマッチする業者も少なくありません。またリース契約更新時に、その時点でベストマッチな機種への変更も可能となります。最終的な決定に際しては、単に費用面や機種の搭載機能など、特定の部分だけに意識を奪われないよう、中長期的なシミュレーションに基づいた比較検討作業が大切です。

コピー機導入に際して

業者今日幅広いジャンルのサービスとして、必要な製品のリースが人気を博しています。自動車やレジャー用品、日常生活用品から趣味の各種アイテムなど、必要な期間だけ借りて使うスタイルは、とりわけ対象となるアイテムが高額であれば、それだけ費用負担の軽減のメリットが見過ごせません。対して毎日継続的に使用するアイテムの場合、果たしてどちらがベストなのか、その判断が難しくなるのも事実です。

例えば仕事場における必要不可欠なコピー機など、その最たるアイテムのひとつでしょう。毎日酷使する以上、一旦先行投資して購入から減価償却すれば、節税対策にも有効です。対してリースで調達すれば、契約期間更新ごとに、その時点でよりベストな機種への変更や、業者の定期的なチェックなど、さまざまなメリットが視野に入ることでしょう。

果たして購入とリース、どちらがコピー機を設置する環境にマッチしているのか、その判断に際しては、より多角的な視点からの検証と検討が欠かせません。使用頻度や業務内容、さらに購入もしくはリース先業者のフォロー内容など、着目すべきポイントは少なくありません。ここではこうした比較検討作業に際して、ぜひ事前に正しく理解していただきたい、コピー機の購入とリース、各々に関する基礎知識をご紹介いたします。二者択一というシンプルな作業だからこそ、多くの方々が見落としがちな要着目点をていねいに説明します。ぜひ参考にしてください。